どう働くかは自分次第、さまざまな転職経験からの自分探し

私は長年、保育士としてやっています。勿論正社員として働いてますが、さまざな理由で一度辞めました。一時期フリーとして特にどこにも所属はせず、働いていた時期がありました。

それは派遣会社に登録をし、派遣の保育士としての働き方です。保育士であればわかると思いますが、今このような働き方をしている人はたくさんいます。さまざまな個々の事情もあり、派遣の働き方を好む方も多くいます。

派遣で知り合った方もたくさんいます。今回は派遣としての働き方にもついて少しお話しします。

休みたいときに休み、働きたいときに働ける

派遣先にもより必ずしもこうではありませんが、でも基本こういうマイペースな形で働けるのが最大のメリットです。

なので働くときはバリバリ働き、休むときはドーンと休み、長期休暇をとっては海外に行く人も多いです。

働く場所がさまざまあり、選べる

派遣会社は多数あり、そこからその会社により案件の特徴があります。たとえば保育園からの派遣の依頼を出す会社もあれば幼稚園などに主に紹介する会社があります。

保育士により、保育園で働くのが好きな人もいれば、施設が好きという人もいてそこは自分が好む案件を担当者にいって探してもらったりします。中には保育園でも施設でもあちこちで働いてる方もいます。

さまざな職場を体験談できる

さまざな職場を見ることで、その職場のカラーや雰囲気、人間関係などいろいろ見れるので視野が広がります。

また派遣という立場上、万が一その職場が合わないと感じても、期間限定で数日間、あるいは1日だけというケースであり、割りきって働けるところです。

正社員の保育士が充足されれば基本派遣はいらなくなるので、突然契約をきられるデメリットもある

派遣の依頼は、正社員の保育士が不足しているときに依頼されるケースが多いです。なので充足されたときは契約をいきなり切られることがあります。

これはやはり正社員ではないので仕方ないことではありますが、こういうケースも普通にあるので、そこは常に理解した上で働く立場です。

私は長年、保育園勤務ですが、一時期どこにも所属せず、この派遣を経験しました。約半年くらいの期間です。同じ保育士でも短期間で多数の子供世話などを経験しました。

 

いろいろな世界を見たことで視野がとにかく広がりました。自分は最終的にどこで働きたいのかなどと考えたとき私が選んだのはやはり病院でした。もちろん正社員です。いろいろな経験を積んでの選択でした。

その時参考にしたサイトがこちらです。

参考サイト:保育士転職・求人サイト比較|現役保育士が成功した転職ガイド

今自分はこの仕事が合っているのか、仕事に関して考えることは誰にでもあるのではないかと思います。転職を考えるとき、やりたいことが見つからないときは派遣という選択もありだと思います。

今回私は主に保育士について書きました。保育士に限らず自分探し目的で派遣でいろいろ経験し、そこからこれだと思う仕事に出会えるといいですね。転職を考えている方の背中を少しでも押せる記事になって頂ければと思います。